Hörprobe 視聴

Neue Galerie : "Violetta" - "Flora"

New ギャラリー : ヴィオレッタ - フーロラ



プロフィール 日本語 、ドイツ語

ソプラノ

白川深雪(しらかわ みゆき)

京都市立芸術大学音楽学部声楽科卒業、及び同大学院修了。音楽学部賞、大学院賞を受賞。

蔵田裕行氏に師事。

在学中、学術調査団として訪中し、西安音楽院にてコンサートに出演する他、四川、広州、成都の各都市で音楽交流。

在学中より音楽活動を開始し、音楽学部卒業と同時に神戸電鉄主催によるデビューリサイタルを開催。

1992年 第11回飯塚新人音楽コンクール第1位、及び優秀賞を受賞。

1994年 第4回J.S.G.国際歌曲コンクール第1位、及び聴衆審査による特別賞を受賞。

1995年 日本演奏連盟ソロオーディションに合格。大阪いずみホールにおいてソロリサイタル

を開催。その成果として大阪文化祭賞奨励賞を受賞。

同年開催した青山財団主催のソロリサイタルにおいてもその成果として第5回青山音楽賞を受賞



1996年 京都市交響楽団第387回定期演奏会 井上道義指揮による歌劇「死の都」中丸美千繪

主演にルシエンヌ役で出演。

    第6回芸術祭典―京 楽劇「求女塚」茂山千之丞演出、河村和重主演(能楽師)の声

    役ソプラノとして出演

    

1997年 第8回日本モーツアルト音楽コンクール第2位。

    NHK-FM「土曜リサイタル」に出演。岡原慎也ピアノでのシューベルト歌曲を収録。

大阪いずみホール「モーツアルトシリーズ」にてオペラ「フィガロの結婚」ケルビーノ役で多田羅迪夫(伯爵)他と共演。

    青山音楽財団による海外研修費にて渡欧。

    国外での演奏活動を始める。

1998年 第1回モーツアルト大賞優秀賞受賞。ニューメディア山口プラザにてエフエム山口

ライブ録音によるソロリサイタルが放送される。

大阪いずみホール「モーツアルトシリーズ」にてオペラ「コシ・ファン・トゥッテ」

にフィオルディリージ役で出演



1999年 京都市交響楽団第2代目常任指揮者、故ハンス・ヨアヒム・カウフマン氏を伴奏者

迎え青山音楽賞研修披露演奏会を開く。

京都市交響楽団「ニューイヤーコンサート」井上道義指揮にソリスト出演し京都、大阪にて「春の声」他を公演。KBS京都にてTV放映される。



2000年 ドイツ・ラジオブレーメンにて故カウフマン氏作曲の歌曲を収録。氏自らの伴奏にて

    収録され放送される。

また、タレント若林正人の「クラシックバンザイ」に出演する他、ABC朝日放送の

「クリスマスコンサート」などにも出演。いずみホール「ランチタイムコンサート」

ソニー主催の「O才まえのコンサート」に出演。

ブライトンホテル主催リレー音楽祭に2年連続出演。

京都市交響楽団楽友会との共演はシリーズで15年に渡り毎年ソリストを務めるほか、

佛教大学名曲コンサートは杮落しから10年連続出演するなどシリーズ企画のコンサー

トに多く出演。



2001年 ドイツブレーメン州、ニーダーザクセン州にて演奏活動をする傍らウイーンにて研鑽

    を積む。ウイーン国立音楽大学マイスタークラスにて教授インゲボルグ・ヴァームサー

    氏に声帯マッサージを含む発声法を学ぶ。

  

    ウイーン国立音楽大学、シューベルト教会、グーテンブルグ城にて演奏。

2002年 2004年 

ドイツ・カム市にて国際歌曲マイスタークラスを受講。さらなる歌曲解釈を学ぶため

ヘルムート・ドイチュ、ディートリヒ・ヘンシェル、ジェームス・テーラー、ヴォルフ

ガング・ヴィルシング、フリッツ・シュヴィングハンマー各氏のもと研鑽を積む。

ヘルムート・ドイチュ氏の推薦により、南ドイツバットウラハ「秋の祭典」インゲ・ボルグオペラ講習選抜メンバーに選ばれる。「フィガロの結婚」よりスザンナ、「仮面舞踏会」よりオスカー他で出演し地元新聞で好評を博す。

 ブレーマーフィルハーモニー管弦楽団メンバーとバッハカンタータ51番を共演。

芸術の森ヴォルプス・ヴェーデにてタイ津波被害者のためのチャリティーコンサート、その他、教会、古城、市庁舎などで多くのコンサートに出演。



2004年 エテルセン城主催ソプラノリサイタルは高く評価され新聞に記載される。

    

2005年 ブレーメン国立芸術大学にて同大学教授シュテファン・ゼーバス氏伴奏にて

リーダーアーベントを開催。 



2006年 ポーランド・グディンゲンにてグダニスク、カンマーフィル指揮者カロル・ヒル氏

    のパイプオルガン演奏にて「Ave Maria コンサート」を開催。

2008年 ブレーメン市庁舎ワインセラーにてブレーメン国立歌劇場専属ソリストと共演。

    ドイツより帰国。

2009年 北九州シティオペラに所属。九州交響楽団ソリストオーディション合格。

    北九州日独協会主催リーダーアーベント開催。

    九州交響楽団「定期演奏会」ソリスト出演。

2010年 北九州シティオペラ「ニューイヤー・オペラガラコンサート」出演。

    マルツァガリア氏と共演

     

    北九州市、イタリアミラノ市との国際文化交流ダニエーレ・アジマン指揮、オペラ

    「椿姫」フローラ役で出演

    コスメイト行橋開館20周年記念第3回オペラ公演in行橋オペラ「椿姫」では

    ヴィオレッタ役を演じる



       オペラやコンサート活動のみならず、合唱指導、ヴォイストレーニング、幼児音楽教育

   学校公演、地域ふれあいコンサートにも力を注いでおり、特に幼児音楽公演では関西の

   40か所近い保育園、幼稚園で演奏する。幼稚園、保育士の為の音楽指導なども行う。

   イメージソングやチャイルドブックから「こどものうた」のCDを録音している。

   その他司会業も経験があり、コンサートのステージ司会、ナレーター録音、また

   京都洛西RCVケーブルヴィジョンにてTVレポーター、子供番組を2年間務める。

   

   京都市交響楽団、同楽友会、京都市民オーケストラ、大阪センチュリー交響楽団、

   関西フィルハーモニー管弦楽団、九州交響楽団、ブレーマーフィルハーモニーメンバー、

   と共演。

   オラトリオでは

   バッハ「カンタータ51番」、「ロ短調ミサ」、ヘンデル「メサイヤ」、ハイドン「四季」

   「ミサ・ソレムニス」、ヴィヴァルディ「グローリアミサ」、モーツアルト「戴冠ミサ」

   メンデルスゾーン「真夏の夜の夢」、ベートーベン「第九」、フォーレ「レクイエム」、

   マーラー「交響曲第4番」、R.シュトラウス「四つの最後の歌」他。

   オペラでは

   「フィガロの結婚」伯爵夫人、ケルビーノ、「ジャンニ・スキッキ」ラウレッタ、

   「ディドとエネアス」ディド、「コシ・ファン・トゥッテ」フィオルディリージ、

   「椿姫」ヴィオレッタ、フローラを演じる

   これまで国内では東京、大阪、京都、神戸、山口、北九州、国外ではドイツ、ポーラン

   ド、ウイーンで演奏活動をし現在は地元北九州にその場を移している。

   北九州シティオペラ会員、北九州音楽協会会員、十字屋カルチャーセンター、よみうり

   FBSカルチャーセンター講師。



<リサイタル歴>



1992年 新進演奏家の夕べ               京都府民ホールアルティ

1993年 ソロデビューリサイタル            神戸電鉄 谷上いめーじほーる

1995年 ソプラノリサイタル              大阪いずみホール

1995年 ソプラノリサイタル              京都バロックザール

1996年 リーダーアーベント (渡欧を祝って)     門真ルミエール

1998年 ソプラノリサイタル              ニューメディア山口プラザ

1999年 リーダーアーベント (ドイツ)       ブレーメンシュタット・ヴァーゲ

1999年 青山音楽賞受賞披露コンサート         京都バロックザール

2000年 スプリングコンサート             ブレーメン国立芸術大学

                           (コンサートホール)

2002年 シューマン歌曲の夕べ             ブレーメン国立芸術大学

                           (コンサートホール)

2004年 ロマンティック歌曲の夕べ           北ドイツ・エテルセン城

2005年 リーダーアーベント~女の愛と生涯~      ブレーメン国立芸術大学

                           (コンサートホール)

2006年 Ave Mariaコンサート             ポーランド・聖マリア教会

2008年 帰国リーダーアーベント            日独協会・西日本工業倶楽部





MIYUKI SHIRAKAWA
Sopran

Geb. 1970 in Fukuoka, Japan. Diplom-Abschluss im Fach Gesang und Magisterkurs an der Städtischen Kunsthochschule Kyoto. Unterricht bei Prof. Hiroyuki Kurata.

1992 Erster Preis im Izuka-Musikwettbewerb, sowie Auszeichnung mit dem Sonderpreis für herausragende Leistung.

1993 Besuch in China als Mitglied einer wissenschaftlichen Delegation. Konzerte an mehreren Musikhochschulen in China, Xian, 1993 Szechwan, Canton und Chengdu.

1994 Erster Preis im Internationalen Schubert-Liedwettbewerb (Osaka) mit dem Sonderpreis aufgrund der Wahl des Publikums.

1995 Solokonzerte in Osaka, daraufhin mit dem Förderpreis des Kulturfestpreises der Stadt Osaka ausgezeichnet. Preisträgerin 199 des in Kyoto veranstalteten Fünften Aoyama Musikwettbewerbes, der u. a. als Preis ein einjähriges Deutschland – 1995 Aufenthalt beinhaltete.

1996 Hörfunksendung im Staatlichen Radiosender NHK-FM mit einem Schubert-Liederabend.

1997 Zweiter Preis im Japanischen Mozartwettbewerb.

1998 Förderpreis des Ersten Japanischen Mozart Musikpreises. Solokonzertmit Live-Sendung im NHK-FM.

1999 Liederabend in Bremen und Japan (begleitet von Prof. Hans Joachim Kauffmann).

2000 Hörfunksendung im Radiosender Radio Bremen

2001 und 2002 Abschluss des Internationalen Meisterkurses in Wien.

2002 Führte als Teilnehmerin des Meisterkurses von Kammersängerin Inge Borkh auf dem Musikfest „Herbstliche Musiktage 2002 Bad Urach“ Mozart Arien auf, für die sie in der Presse sehr positive Rezensionen bekam.

2003 Auftritt als Solistin für Bach Kantate Nr. 51 mit Bremer Philharmonikern.

2004 Auftritt in Marien Kirche in Polen mit Dirigent und organist Karol Hilla.

Auftritte als Gräfin und Cherbino „Hochzeit des Figaro“ Fiordiligi „Cosi fan tutte“ in Mozart, Lauretta in Puccinis „Gianni Schicchi“, und als Dido in Purcells “Dido und Äneas”, als Violetta und Flora in "La Traviata" in Verdi. Solistin in Bach „Kantata Nr.51”, Haydn „Die Jahreszeiten“ und „ Missa Solemnis“, Händel „Messias“, Mozart „ Krönungsmesse“, Beethoven „9.Symphonie“, Mahler „4. Symphonie“, Faure „Requiem“, J.Strauss „Frühlingsstimme“. Unterrichtet von Prof. Hiroyuki Kurata, Dietrich Henschel, James Taylor, Helmut Deutsch, Prof. Claus Ocker, Kammersängerin Jeanette Scovotti, Prof. Ingeborg Wamser und Inge Borkh.